更新情報


代表取締役

大澤亮(おおさわ・りょう)


1972年 誕生。

1991年 早稲田大学商学部入学(1996年卒業)。
              在学中に1年間、米国に留学

              UC BerkeleyにてCertificate in Marketing with Distinction取得。

1996年 三菱商事株式会社入社、業務部中国室配属。
              その後、業務部国際協力室に異動。
              タンザニアのダルエスサラームに駐在
              ODA(政府開発援助)での井戸掘削プロジェクトなどに従事。
              完工後に退職。

1999年 慶応義塾大学経営管理研究科修士課程(MBA)入学(2001年修了)。

              このビジネススクール在学中に株式会社トランスワークスを設立。

              同社にて証券会社の比較サイトを立ち上げ、米国Gomez社に売却(2000年)
              その後、中国茶のECサイトを立ち上げ、
              株式会社サイバーエージェントに売却(2004年)。

2004年 株式会社ドリームインキュベータに入社。
              ビジネスプロデューサーとして、ベンチャー企業への投資、
              インキュベーション、大企業の戦略コンサルティングを担当。

2007年 株式会社土屋鞄製造所に取締役として入社(2009年退社)。

2009年9月、株式会社Piece to Peaceを設立、代表取締役に就任。

              以後、「えらぼう地球貢献」をコンセプトとして、
              国内外のエシカル(倫理的)なファッションブランドの普及をはかるなど、
              積極的な事業展開を行っている。

2014年2月 著書「世界をよくする」仕事で稼ぐ(プレジデント社)発売


詳しい自己紹介はこちら。

Ⅰ.はじめに/アフリカで考えたこと
Ⅱ.起業そして売却、修行時代
Ⅲ.Piece to Peace創業


番外編

大澤が住んで実感した!アフリカ・タンザニアでの疑似生活体験!?

coming soon…




Daniel Goldstein(ダン)


僕は幼いときからずっと環境や社会問題に興味をもっていました。子供の頃は犬や魚、絶滅危機の動物、アフリカに関する本を集めていました。自分とは違う文化について満足いくほど学べなかったので、十分に大きくなってからは節約をして本で読んだ場所に旅行をするようになりました。旅行にはかなりのスペースが空いたバッグパックで行き、面白いお土産を詰めて帰ってきました!

このような経験を通じて、地球との関わり方にセンシティブになり、節電に取り組んだり、長年
ベジタリアンとして生活しました。それだけでは飽き足らず、もっとやれることがあるのではないか、と思っていました。ちょうど、仕事を見つけ自分で食べていかなければいけない時期にさ
しかかっていたため、ある会社に就職しました。しかし僕はその仕事が全然気に入らず、どうし
たら自分の求める人生を送ることができるのか分からなくなってしまいました。そのため、僕は
今まで会ったことのない面白い人たちにできる限り出会うよう努めるようになりました。その想
いから、ニューヨークにあるコロンビア大学の博士課程を卒業したあと日本に引っ越しましたし
(しかし同時多発テロのためにアメリカに帰らなければあらなくなりましたが。)、主役以外誰
も知り合いのいないマンハッタンのはずれにあるアイリッシュパブで開かれた誕生日パーティー
にも行きました。この誕生日パーティーで、角でダーツをしている日本人を見つけました。ダー
ツが好きでしたし、短くても素晴らしかった日本滞在のあとにもっと日本人と知り合いたかった
ので彼に加わって一緒にダーツをしました。彼は仕事のためにニューヨークに引っ越してきたば
かりで、おもしろいことに彼の仕事内容も僕の仕事とほぼ同じでした。さらに、彼も仕事が嫌い
で、もっと意味のあることをやりたいと思っているところでした。このような共通点もあったせ
いか僕たちはすぐに親しくなり、一緒に事業を始めました(環境に優しい洗濯機の販売!)。彼
こそがNPO法人TABLE FOR TWOの理事長の小暮 真久であり、僕がTABLE FOR TWO 
USAの代表を務めています。



詳しい自己紹介はこちら。

Ⅰ.共同創業者 大澤亮との出会い
Ⅱ.Piece to Peaceの誕生